ヒートマップツールの導入・活用サポート【2週間無料お試し可能】

ページにアクセスは集まっているけど、問い合わせや申し込み等の成果に繋がらない。直帰率、離脱率が高いけど、どこから改善を行えば良いか分からないというWEB運営者様は非常に多いと思います。

そんな時に大きな力を発揮するのが、ヒートマップという解析手法。成果を上げていくために費用対効果の高いWEB改善ツールとして多くの企業に導入され始めています。

heat001

ユーザー行動をサーモグラフィーで可視化

スクリーンショット 2015-06-01 11.42.48

ヒートマップとは、サイトを訪問したユーザーのクリックやページ遷移、ページスクロールの状況等を解析しサーモグラフィー形式でユーザー行動を可視化してくれる高度な解析・マーケティングツールです。

ページの「どこがよくクリックされているか?」「ページのどこまでが読まれていて、どこが読まれていないのか?」が一目瞭然となります。

 

ヒートマップ解析導入の効果とは?

直帰率、離脱率の原因特定

スクリーンショット 2015-06-01 14.12.04

アクセス解析で直帰率や離脱率が高いページは改善対象となるのですが、アクセス解析の数字だけでは原因の特定は難しいもの。

でも、ヒートマップであれば、ユーザー行動が視覚的に見れるので、直帰・離脱率が高い原因を見つけやすくなります。

 

ページレイアウトの改善

ヒートマップでページを解析すると、リンクのついていない箇所が頻繁にクリックされていたり、逆に分かりやすく設置したはずのリンクが全然クリックされていなかったりという事がよくあります。また、目玉の要素として配置したコンテンツにたどり着く前に、半数以上が離脱しているというケースもあります。

これらのデータを基に、リンクやページレイアウト、文章構造の調整をかけページの改善を続ける事で「見て欲しい部分を見てもらえる」「伝えたい内容を的確に伝える事ができる」ページに調整していくことが可能です。

 

WEB改善の効果測定がスムーズ

またヒートマップの良い所は、ページの改善・リニューアルを行った際、変更後すぐに「効果」の検証ができます。変更後にクリック率や、読了率は上がっているか?他のページヘの遷移がどう変わったか?を比較してスピーディーに改善結果の変化について分析することができます。

 

ユーザーニーズの把握

スクリーンショット 2015-06-01 14.13.40

ヒートマップはどこまで読まれたか?という読了率だけでなく、コンテンツのどの部分でスクロールをとめて熟読したのか?という熟読エリアの確認を行う必要があります。

重点的に読まれた箇所は、その部分だけ赤くなりますので、一目でユーザーの興味がある内容はどこなのかが分かります。

その部分にページを訪問したユーザーの強いニーズ、関心があるという事になるので、そこからページに追加すべきコンテンツや、重点的に力を入れて追加すべきキーワードを把握することができます。

 

ヒートマップを導入すべきページとは?

改善をトコトン追求するなら全ページ

ヒートマップは一般的なアクセス解析を兼ね備えたものも多く、予算を気にせずトコトン改善を目指すなら全てのページに解析を導入するのが効果的です。問題点の発見と、原因の特定をスピーディーに実践することができるためです。

ただ、PVの多いサイトだとツールの利用料が高くなってしまいますので、本当に全てのページに導入すべきなのかは検討した方が良いですね。

 

予算重視なら主要ページのみ

ヒートマップの利用料金はPVによって変動する事が一般的です。予算を重視するなら、TOPや主要コンテンツ、コンバージョンに影響するページ、お問い合わせや資料請求等のフォームページ等に絞って解析コードの設置を行う事をオススメします。

またヒートマップは、Google Analytics等の他のアクセス解析ツールと併用する事も可能です。深い分析、問題点の発見Google Analyticsにまかせて、問題があったページのみ、その都度解析コードを設置して分析するという方法を取ることもできます。

 

ヒートマップツールは最高峰のPtengineを推奨します

スクリーンショット 2015-06-01 14.07.25

弊社ではPtengineをメインで取り扱っております。

Ptengineは、国内大手企業を始め20,000アカウント以上の実績を誇る最も評価の高いヒートマップツールです。

大手企業が利用するといってもPV数によって料金が変わるため、費用も決して高くなく、個人サイトや中小規模のサイトでもリーズナブルな料金で導入・運用が可能です。

 

ヒートマップの導入・利用料金について

※推奨※ Ptengineの場合

14800

Ptengineを利用する場合、上限5万PVまでの解析で14,800(税別)〜となります。PV数に応じて費用が変動しますが、上記で記載している通り、全てのページを解析しないといけないという訳ではございませんので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

WEB改善や目的とする結果を追求するために、最適な解析・運用方法をご提案させて頂きます。

 

その他のツール

Ptengine以外のヒートマップ・ツールの導入や、解析を行うページを限定しPV数を抑えて運用する場合、月額5,000円程度〜利用できるものもございます。こちらについても詳しくはお問い合わせ下さいませ。

 

改善コンサルティング費用について

HE155_L

簡易サポートプラン

10800

ヒートマップ解析の結果をどうWEB改善に活かしていけば良いのかについて、電話・メールでサポートさせて頂きます。

ツールの利用料とは別料金となりますのでご了承下さい。

 

コンサルティングプラン

32400

毎月ヒートマップ解析の結果を分析し、WEB改善のための提案レポートを作成致します。ヒートマップ解析を売上アップにスピーディーに繋げていきたい方向けのプランとなります。

こちらもツールの利用料とは別料金となります。

 

まずは2週間の無料お試しから

ヒートマップに興味があるけど、実際どんなものなのか、まずはお試しで使ってみたいという方向けに2週間のお試しプランをご用意しました。

実際に画面を見て頂くだけでなく、2週間の解析結果から読み取れる改善点について報告をさせて頂きます。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

無料相談無料相談

 

 


ヒートマップ導入