WEBサイト作成時の写真素材について。オリジナル写真と素材集の使い分け

camera

ホームページ製作会社に依頼して、WEBサイトを作成する時に写真素材について気になる人は多いと思います。無料の写真素材サイトもありますが、自社のビジネスにピッタリはまる写真というのは中々探すのが難しいですよね。写真は完全に別途費用という制作会社や、手持ちの素材からなら無料で提供します、というスタンスの会社もあったり色々ですので、今回はWEBサイト作成時の写真素材について書いてみたいと思います。

 

理想は写真撮影をいれてのオリジナル写真

sakuraran-main001

やはり最も良いのは、プロカメラマンによる写真撮影を行ってオリジナル写真を使用することですね。提供サービス・商品によっては、お客様側のイメージを入れるためにモデルさんや、被写体としての協力者を手配する日露用も出てきます。

プロカメラマンに依頼する場合、費用は安くても1時間の撮影で1万円〜程度はかかりますし、食品やジュエリー等、専門的な撮影になる場合は照明や撮影用の機材も大掛かりになるため、もっと費用がかかります。

最も最近では一眼レフのカメラを持っているお店や会社も多いですし、「撮影は自分たちで行います」というケースも増えていますね。

実際、商品・サービスによっては、自前での撮影でも十分なケースもあります。

 

多いのは既存の写真+素材集の写真の組み合わせ

実際のケースで多いのは、既にお店・企業側で持っている写真に、素材集の写真を組み合わせて利用するケースですね。昔はWEB用の写真素材といえば「素材辞典」というぐらい主流のサイトもありましたが、最近ではプロ・セミプロ・アマチュアのカメラマンが取った写真をロイヤリティ・フリーで利用できる写真素材サイトが増えてきているので、比較的安い料金で高品質なイメージ写真を購入する事ができます。

 

WEB制作会社が本当によく使う写真素材サイト

PIXTA(ピクスタ)

pixta

PIXTA 公式サイト

Sサイズ(640×480程度)なら1点540円〜から利用でき、様々なテーマの写真素材が揃っているストックフォト・サービスです。印刷物ではなく、WEBのみにしか使用しないという前提なら、Sサイズで十分なので、イメージ写真を10〜20枚程度購入しても1万円ぐらいしかかかりません。

実際、一つのWEBサイト用の購入する時は、数枚〜5枚、多くても10枚ぐらいの事が多いですね。弊社の場合は、こういった写真素材の購入費用は実費ベースでご請求しています。イメージに合う写真を探す手間賃は、ディレクション費用だったり、デザイン費用に含むイメージですかね。

写真素材購入費と金額を大きめにするような、ボッタクリ行為はしてませんのでご安心下さい(笑)

 

Fotolia(フォトリア)

fotolia

Fotolia 公式サイト

こちらはAdobeが買収した事でも有名ですが、1点毎に支払うのではなく、前払いで写真のダウンロード用ポイントを購入して、その範囲で好きな画像をダウンロードできるという仕組みです。

写真単品購入の場合、最安100円以下で購入できるので金額的には一番安いと言えます。

一般的なWEBサイトやネットショップでの、イメージ写真を購入する場合、上記の2サイトのどちらかで探すという制作会社が多いと思います。

これ以外のサイトも色々ありますが、かなり値段が上がりますし、リーズナブルに利用できるのはPIXTAかFotoliaですね。

 

まとめ

写真は、サイトのイメージを左右する重要なものですが、サイト内のあらゆる画像を写真撮影したオリジナル画像で構成する必要はありません。しっかりお金をかけるべきところはかける必要はありますが、部分的に素材集を利用するなど、賢く使い分けるのがオススメです。

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

 

 

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断