特化型ホームページが有利な3つの理由と注意すべきポイント

FE108_L

聞いたことがあるという人も多いと思いますが、ホームページを作るなら特化型の専門サイトの方が、検索エンジンに評価されやすいので有利です。ただし、WEB集客における「特化型」、「専門」という言葉を正しく理解しておかないと間違った方向に行ってしまうので注意が必要です。

当記事では、特化型ホームページが有利な3つの理由と注意すべきポイントについて解説していきたいと思います。

 

まずは特化型、専門の意味を正しく理解する事からスタート

スパム行為には特に注意

一番やりがちな間違いが「特化」だからといって、1つのキーワードに絞り込んで情報を詰め込んでしまう事です。

検索エンジンはユーザーが求める深く専門的な情報を提供できるサイトを評価はしますが、1種類のキーワードだけを多く詰め込んでしまうと、上位表示のためだけにキーワードを詰め込んだスパム行為とみなされ、マイナス評価、最悪のケースではブラックリスト入りとなってしまいます。

1キーワードではなく、1テーマ

特化、専門とは1つのキーワードではなく、1つのテーマという考え方が正しい認識です。

沖縄のリフォーム会社だからといって、「沖縄 リフォーム」というキーワードを詰め込めば良いという訳ではなく、「リフォーム」というテーマに関連する様々なキーワードをバランス良く配置する必要があります。

 

特化型サイトが有利な理由 その1「何でも屋にならない」

検索エンジンに評価されにくいのは、いわゆる「何でも屋」的なサイトです。検索エンジンはユーザーの検索ワードに対して価値のあるサイトを格付け表示するのが使命なわけですが、例えば、現実でラーメンの格付け本を作る時の事をイメージしてみて下さい。

ラーメン専門の格付け本を作る時点で、まず候補をラーメン専門店に絞りませんか?広げたとしても中華料理店ぐらいまでですよね?

仮にどれだけファミリーレストランのラーメンが美味しいとしても、そもそもラーメン専門の格付け本の掲載候補にピックアップされる事はありません。

ホームページでもそれと同じで、欲張って色々な情報を詰め込んでしまうと、何をテーマにしたサイトなのか分からない評価しづらい状況になってしまいます。

特化型サイトであれば1つのテーマでシンプルに情報構成しますので、検索エンジンからも何をテーマにしたサイトか認識されやすい特化したテーマでの評価がつきやすくなります。

 

特化型サイトが有利な理由 その2「情報の深堀りができる」

1つのテーマに特化したサイトは、キーワードが分散せず、専門性を持って狭く深く情報を掲載していくことに集中できます。

これは検索エンジンが求めるユーザーにとって価値のある情報(専門性、細かいキーワードニーズを網羅する)を提供する事に直結しますので、検索エンジンからも、このテーマに関しては権威のあるエキスパートとして評価がつきます。

大事なのは幅広いニーズに応えること

また例えですが、「私はラーメンの専門家だよ」という人がいたとして、豚骨ラーメンについては他の誰によりも詳しいけど、醤油、塩、ヘルシー系など他のジャンルのラーメンについては全く無知だったらどう思うでしょうか?

その人は豚骨ラーメンの専門家であって、ラーメンの専門家ではない。という判断をしますよね?

ホームページに戻して考えると、この場合「豚骨ラーメン」では評価はつきますが「ラーメン」のキーワードでは評価がつきにくいという事になります。

 

特化型サイトが有利な理由 その3「情報の拡散が起こりやすい」

専門的なサイトとして検索エンジンに評価され、特定のキーワードで上位表示されるようになると、当然アクセス数も増える訳ですが、そのテーマの中で深く、かつ広がりをもった情報掲載ができていると、当然サイト訪問者からも確かな情報を提供する専門サイトとして見られるようになります。

そうなると、Facebookのいいね!やシェア、Twitterのツイート、ソーシャルブックマーク等、WEB、SNS上の情報拡散が起こりやすくなります。

また、他サイトからの引用や、参照リンクなどもつくので、多くのユーザーが間接的にサイトに流入する状況が作れます。

 

現実世界と同じで、非常に単純な事です。

やはり正しい情報を知りたければ専門家に聞くのが一番ですね♪

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

 

 

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断