まさにネットのタイムマシーンや〜!過去のWEBページを閲覧できるWayback Machine

wayback

少し泣きそうになった。上の画像、Wayback Machineというロゴの後ろにあるのは2007年、起業間もない頃のドリームテラーのホームページ。この頃はまだ、個人事業だった。

ドメインは当時から変わっていないので、本来はこの画面を見ることは不可能。でも、見れるんです。「Internet Archive: Wayback Machine」というサイトを使えば!!

 

過去のWEBサイトの情報を4820億ページ以上もアーカイブ化(2015年6月現在)

way002

http://archive.org/web/

Wayback Machineは世界中のWEBページをアーカイブ化し、画面キャプチャならぬ、サイトキャプチャのようなイメージで、過去に遡ってWEBページを表示してくれます。

検索エンジンがサイトの情報を収集するような要領に近いので、毎日の情報という訳ではありませんが、クローラーが巡回しアーカイブ化した過去の一時点のサイトの情報が見れます。

上の画像だと、カレンダーに水色の丸がついている日の過去アーカイブは見れるという事です。

欠けているページや画像もありますが、TOPページだけではなく、実際のサイトのようにリンクを辿って様々なページを閲覧可能です。

 

Wayback Machineの用途は色々

yahoo1996

 

これは1996年のYahoo!のTOP。こんなに味気なかったとは、ちょっと衝撃的ですね。でも、もう20年近くも前なので無理もありません。

過去のWEBサイトの情報を見れるのって何か意味があるの??と感じる人も要るかもしれませんが、サイト運営者であれば、結構便利に使えるポイントもあると思いますよ。

 

リニューアル前のサイトを確認

リニューアルでサイトを一新した際に、しばらくして過去のページの内容や構成を見直したくなる事は意外とあったりしますよね。特にリニューアルの効果が思ったほど得られていなかったり、リニューアル前の方がアクセス数やコンバージョン率が高いページが出てきてしまった時など。そんな時はWayback Machineが過去に連れて行ってくれるので、便利です。

 

他サイトの過去のページを確認

ツールの導入も不要で、URLで検索するだけで使えるので、自社サイトだけでなく、世界中のあらゆるWEBサイトの過去ページを探しにいくことができます。あのサイトのあのページをもう一度見たい!!そんな時はWayback Machineです♪

 

あのページ、画像を取り戻したい。。。

ホームページの運営者なら、一度や二度は、間違ってファイルや画像を上書きした経験をお持ちの方も多いと思います。元データのPSDやイラレファイルが無い時はもう最悪で、一から画像を作り直すしかない。ページを作り直すしかない。

でも「どんなバナーだったっけ?」「どんなページ内容だったっけ?」と途方にくれる事もありますよね。

そんな時もWayback Machineが過去に連れて行ってくれるので大丈夫です。お目当ての画像やページがしっかりアーカイブされているかは、断言できませんが、探しに行く価値はあります。

 

あの時僕はああだった。。初心にかえって泣きそうになる(笑)

僕のように起業当時のWEBサイトの情報を見返して、懐かしさのあまりウルウルしちゃうのも良いと思います。初心にかえるのはスゴく大事ですしね。これ、意外とオススメです。

あっ、当時から言っている事、変わってないなw とかね、色々発見や、思うことがあって良い刺激になりますよ。

きっと他にも便利な用途はあると思います!

 

Wayback Machineのアーカイブにはバラつきがある

Wayback Machineは、全てのサイトを均等にアーカイブしている訳ではありません。検索エンジンの評価が高いページ、アクセス数が多いなどユーザーの流入が多いページや、運用年月が長いページの方がアーカイブされやすくなります。

検索エンジンのロボットの巡回頻度や量、その結果のindex量と同じようなイメージですね。

目立っていないページは殆どアーカイブされていないというケースもありますが、是非、興味本位ででも自分のサイトの過去アーカイブが存在するかチェックしてみてください。

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

 

 

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断