もはや無意味になったWEBサイトの「ページランク」今後はどうなるの?

2015.06.20

rank

ページランクとはどれだけのリンクが集まっているか?という指標ですが、検索エンジンの代表格であるGoogleが発表している指標という事で、SEO上、ページランクは重要と考えられてきました。

ただ、被リンクによるSEO対策が通用しなくなった現在、ページランク自体にほぼ価値はなくなっています。今後はどのような流れになるのでしょうか?

 

Googleはページランクの更新停止を発表

Googleは今後、ツールバーによるページランク機能は更新しないと発表しています。日々変化するWEBにおいて、更新をしないという事は廃止すると同義と言えますよね。

これは従来の被リンクの量、質を指標としたページランク自体が無意味になったという事を指し示している訳ですが、Google内部のページランク的な指標は継続されるものと思われます。

WEBサイト運営者側には、「ドメインパワー」というような捉えられ方をしているものがそれに当たるのだと思いますが、Googleから明確な指標が示されている訳ではありません。

 

今後も新しいページランクのチェックツールは公開されない!?

個人的な見解では、今後も新しい使用のページランクチェックツールが公開される事は無いと思います。何故ならこういったツールを発表すれば、また無駄な憶測と間違った理解が生まれ、Googleの意図しない小手先のSEOが横行するきっかけにもなりかねないからです。

 

ハリボテの指標よりも具体的な行動指針

Search Console(旧ウェブマスターツール)により提供されている細かい指標や、改善点などはGoogleガイドラインに基づき、ユーザー視点のサイトを構築していくための具体的な行動指針です。

ページランクのようなハリボテの指標を示すよりも、具体的にどう改善すれば、ユーザーに使いやすく、検索エンジンに評価されるサイトになるのかについて、細かいデータが提供されています。

それでもまだページランクのような指標が必要だと感じるでしょうか?

 

今後はどうなるの?

ユーザー視点のコンテンツ作りを中心に、アクセス解析とSearch Consoleのフル活用によるサイト改善、SEO最適化。それにつきると思います。

これからのSEO対策はWEBマーケティング力が以前にも増して重要になります。ページランクの事は「そういえば昔そんなのあったな〜」ぐらいの思い出にして、価値あるコンテンツの追求に力を注いでいきましょう。

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断