沖縄のホームページ、各業種毎の競合状況、集客の難易度は?

shisa

沖縄の企業・事業所のホームページ制作について、業種別の競合状況や検索エンジンの上位表示、WEB集客の難易度についてご紹介致します。

沖縄 観光分野は競争が激しい

沖縄のホームページの中でも、情報量の多いポータルサイトがひしめく「沖縄 観光」のキーワードや、SEO対策に力を入れている「沖縄 ダイビング」などマリンレジャー系のキーワードは検索エンジン上位表示やリスティング広告等、どれをとっても沖縄トップクラスの競争の激しさです。

また単価の高いホテルやツアー・旅行などのキーワードも競争が激しく、新規のホームページでWEB集客を図る場合、少し長い目で見て取り組んでいく必要があります。

自社単体のホームページでも1年程度じっくり取り組んで上位表示を目指す事は可能ですし、今話題のコンテンツマーケティングを仕掛けてオウンドメディア(ブログメディア)に本格的に取り組む事をすれば半年程度で沖縄の観光関連のキーワードでアクセスを集める事はできると思います。

 

士業のホームページは作ったもん勝ち

「沖縄 税理士」、「沖縄 弁護士」、「沖縄 行政書士」、「沖縄 社労士」など士業関連のキーワードはまだまだ競争が少なく。言い方は悪いですが、作ったもん勝ちの状況があります。

もちろん、どれだけ適当なサイトでも競争に勝てるという訳ではなく、しっかりと更新機能付きのサイトでコンスタントに情報発信が出来ればという話ですが。

初期10P程度の土台のホームページを作成し、週に2〜3記事程度、関連キーワードを含む「ユーザーのニーズにあった」情報発信ができれば半年程度で「地域名+業種」のキーワードで上位表示は狙えると思います。

過去の制作事例でも実際にそのような状況です。

 

美容業界のホームページも意外と狙い目

ネイル、エステ、ヘアサロン等、店舗数が多く競争が激しい業種でも、フリーペーパーからの集客に頼っていたり、ブログしか作っていないお店が多いのが実情です。

ホームページを持っている所もカタログ的なサイトが多く本格的な情報発信ができている所が少ないので、お店紹介+専門ジャンルを掘り下げたユーザー視点のコンテンツをしっかりと情報発信し続けられれば、主要なキーワードでの上位表示や、WEBからの集客の難易度は高くありません。

 

ハウスクリーニング、エアコンクリーニング等のB to Cサービス

消費者向けにサービスを提供している業種は、ある程度の競争はありますが、サービスの紹介が中心で、消費者視点のコンテンツを充実させているホームページは少ない状況です。

ノウハウを持っている業種が多いはずなので、その気になればいくらでも情報発信できるネタはあるはずです。

このような業種も現状では上位表示、WEB集客の難易度は高くありません。

 

沖縄の不動産ホームページの競合状況は?

「賃貸」関連のキーワードについては大手ポータルサイトも数多く存在するため競争が激しいですね。

ただ、「売買」関連のキーワードについては、新規参入でもまだまだ勝負できます。

またマンション販売や戸建て等のキーワードも激しいといえる程の競争状況が無いため、半年〜1年程度で上位表示を狙える状況です。

 

結局、沖縄で競争が激しいキーワードといえるのはごく一部

簡単にホームページの上位表示やアクセスの獲得ができるような書き方をしてしまっていますが、そこまで誇張しているつもりはありません。

何故なら、「コンテンツ is キング」と言われる現在のWEB集客の取り組み方をしっかり理解し、実践できている企業が沖縄にはまだまだ少ないからです。

新規のホームページでも既存でも、Word Press等の情報発信機能を持ったホームページで、戦略的に情報発信を続ける事で半年〜1年程度で主要なキーワード、関連ワードからのアクセスを集め、見込み客のコンスタントな獲得や、最終的な契約、申し込み、問い合わせに繋げていける状況を作る事は難しくありません。

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

 

 

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断