サイト内ブログと外部ブログはどっちが良いのか?

blog

サイト内ブログと外部ブログの意味合いを正しく理解する

僕がWEBの初心者向けセミナーや、クライアント様から質問された時に話すのは以下のような解説です。

 

外部ブログ

外部ブログは人通りの多いショッピングモールでビラ配りしているようなもの。認知度の向上や間接的なサイト誘導には役立つが、検索エンジンからのサイト自体の評価、順位を高めるものではありません。

また自社の持ち物ではなく、あくまでも間借りなので、サービス側の仕様変更の影響をうけるリスクも有り、ブログ記事の情報は完全な自社資産とは呼べません。

 

サイト内ブログ

サイト内ブログはマイホームを増築していくようなもの。自社ホームページの資産として情報を蓄積できるため、サイト自体の検索エンジンからの評価、検索順位が高まります。

自社サイト内で運用することで、商品・サービスページへの誘導や自然な流入も起こり、成果により近い位置にユーザーを呼びこむことができます。

 

ただ情報発信が出来れば何でも良いという訳ではありません。上記の意味合いをしっかり理解した上で、どこで・どのようにブログを書くのかを検討する必要があります。

なお、検索エンジンからの集客、売上・資料請求などの成果を効率を考えるとやはりサイト内ブログにじっくり取り組むのがベストだと考えます。

 

 

 

筆者について

関連記事

無料相談無料相談

 

 

弊社ならではのサービス 消費者の声でWEB診断

主婦の声でチラシ診断